くまもと阿蘇湯の谷リゾートホテル&ゴルフ

トップページ > 阿蘇ゴルフ場 湯の谷コースガイド

阿蘇ゴルフ場 湯の谷コースガイド

コースガイド:世界最大級の規模を誇る阿蘇のカルデラにある湯の谷コース。自然の地形をそのまま活かした山岳コースで、どのホールからも阿蘇外輪山の雄姿を臨むことができ、自然のアンジュレーションをお楽しみいただけます。

湯の谷コースは、60年の歴史を誇る熊本で一番古い名門コースです。

湯の谷コースは、昭和27年秋に開場。 ゴルフ場の設計の名匠である、
井上 誠一氏、保田 与天氏が設計を手掛け、ブルトーザーなどの機械を使用せず、自然の地形をそのまま生かしてつくられた、まさに手づくりのゴルフコースです。
各コースごとに自然の織りなす変化を味わいながらプレイができ、それが湯の谷コースの一番の魅力となっています。
歴史を誇る名門コースでのプレイを存分にお楽しみください。

  • コース監修:井上誠一  実施設計:保田与天
  • オープン:1931年 移転再開:1952年
ドラコン推奨ホール
ドラコン推奨ホール5,9,14,16
ニアピン推奨ホール
ニアピン推奨ホール4,8,11,15
熊本のゴルフ場 湯の谷コース

湯の谷コースヤーテージ18 Holes / 6,656 Yards / par 72

熊本の湯の谷ゴルフ コースガイドPDF

OUT 1 2 3 4 5 6 7 8 9
PAR 4 4 5 3 4 4 4 3 5 36
H.D.C.P 9 13 3 11 1 7 15 17 5  
B,T. 343 354 578 180 368 429 350 188 548 3,338
F.T. 329 334 545 149 354 401 317 151 508 3,088
L.T. 317 281 460 124 275 258 294 131 431

2,571

 
IN 10 11 12 13 14 15 16 17 18
PAR 4 3 4 4 5 3 4 4 5 36
H.D.C.P 2 8 6 18 4 14 10 16 12  
B,T. 453 225 356 396 578 209 339 279 483 3,318
F.T. 438 150 308 349 548 153 329 276 473 3,024
L.T. 316 140 211 310 490 120 314 269 426 2,596

熊本湯の谷ゴルフコース 名物ホールコースギャラリーはこちら

湯の谷ゴルフコース 3番

No.3 PAR5
「馬の背」の通称がある最長距離コースの一つ。 両側に流れる急斜面。OBになる可能性大、左側登山道路まで飛び出す恐れあり。

湯の谷ゴルフコース 5番

No.5 PAR4
山岳コースの代表的形状で通称「203高地」。
セカンドショットいかんでスコアが左右される。
2打を慎重に。

湯の谷ゴルフコース 12番

No.12 PAR4
山岳コース特有の谷越え打ち上げの右ドッグレッグ。ビギナーには少々難しく感じられる。セカンドショットのスタンスに注意。

熊本で一番古いゴルフ場 湯の谷コース当時の写真

 戦前、湯の谷の観光ホテルに進駐した米軍の簡易コースをもとに、牛馬の放牧地であった原野に造られた湯の谷コース。

ブルトーザーなどの機械を使用せずに、スコップや「もっこ」と呼ばれる道具で地面をならし、フェアウェイは馬引きの芝刈り機を使うなど、自然の地益をそのままに活かして造られた。

 開場当時は敷地内で放牧が行われていたため、 「牛馬の糞や足跡に入ったボールは罰無しにドロップできる」という独自のローカルルールがつくられていたほど。

 現在では放牧が行われていませんが、各コース以後とに自然の織りなす変化を味わいながらプレーができ、それが湯の谷コースの一番の魅力となっています。

湯の谷ゴルフ場 当時の写真

機械を使わない
正真正銘の「1馬力」の芝刈り機。

湯の谷ゴルフ場 当時の写真

昭和27年の開場当時にあったクラブハウス。

湯の谷ゴルフ場 当時の写真

その長い歴史の中で、多くの名プレイヤーを輩出した名門コースです。

湯の谷ゴルフ場 当時の写真

自然の地形をそのままに生かしたコースは、阿蘇の大自然に調和しています。

ページの先頭に戻る